総量規制でローンを利用しにくくなった

ほんの数年前に賃金業法が改正されたことにより、新しくできたのが総量規制。総量規制とは借入金額が年収の3分の1までになるという、低収入には厄介な制度です。
平均年収以上ある人は3分の1に制限されてもそれほど困らないかもしれませんが、派遣やバイトなどで十分に収入のない人にとって、3分の1までに制限されるというのは問題です。

 

お金に余裕がないから借りるのに、どうして規制されてしまうのでしょうか。
恐らく余裕がないあまりどんどんローンを利用してしまい、返せなくなって自己破産を選ぶ方が増えてきたからでしょうね。
私は就職できずにアルバイトで生活しているので、即日ローンには頻繁にお世話になっています。

 

年収はざっと200万円ほどでしょうか。となると総量規制で借りられるのは60万円ほどです。
60万円というのは正直言ってかなり少ないです。どうしてもお金が必要になる時はありますし、貯金をしている余裕なんてありません。
それにもし病気になったら、入院費用などで60万円なんてあっという間に超えてしまいますよね。

 

周りに頼る人がいないような人間にとっては、総量規制は生活をより苦しめる制度です。
かといって危ない業者から借りることはできないので、総量規制の対象となっていない銀行のカードローンを利用するようにしています。

マンガで分かる!カードローン