両親の代わりにカードローンで資金調達

私の両親はとある会社を経営していたのですが、不景気のあおりを受けて倒産してしまったのです。
そのためまとまった資金が必要となり、私にいくらか出してもらえないかと頼んできました。

 

両親の頼みなのでもちろん受け入れましたが、そのまとまった額というのが150万円だったんですよね。
さすがに貯金で全ては賄えなかったので、カードローンで一部を用意することにしました。

 

できるだけ安全に、そして金利を安くしたかったので銀行系でローンを利用することに。大きな金額だったのでそのぶん金利も安くなりましたが、返済は決して楽ではありませんでした。
しかし両親の企業の倒産も大きな事態にならずに済み、返済も大変ではあったものの去年ようやく完済することができたのです。
銀行系カードローンは思ったより金利が低いんですよね。今までもっと高い金利がつくのが当たり前だと思っていました。

 

それでも借金があるというのはやはり負担になっていましたし、彼女にも言いだせず精神的につらい思いはしましたね。
今は完済したのでお金の心配もなくなり、無事に結婚することができました。

 

両親は年金暮らしになったのでまたお金が足りなくなることがあるかもしれません。でもこれからはなるべく自分で工面して渡していこうと思います。

マンガで分かる!カードローン