銀行と銀行系と消費者金融の違い

お金が足りなくなったとき、お金を借りるには様々な方法があります。
人から借りることができない場合にはローンを利用する方法もありますが、一口にローンといってもその種類は様々。

 

多くの方がまず思い浮かべるのは消費者金融ではないでしょうか。
消費者金融はお金の貸付を専門的に行っています。そして審査も通りやすいです。

 

他にも銀行や銀行系で借りる方法があります。銀行はその名の通り銀行で直接融資してもらう方法です。
金利は非常に低いのですが、職業や収入が重要となるため審査は一番厳しいです。

 

そして消費者金融と銀行の間にあるのが銀行系消費者金融。
銀行系とは銀行と共同出資している消費者金融のことで、銀行と連携しているため消費者金融と比べ金利が低いのが特徴です。

 

他にも街金やヤミ金などがありますが、この二つは利用しないのが一番です。
街金は市街地などにあり、お金の使い道に規定がないぶん金利は高く設定されています。

 

最近では法律が厳しくなりあまり見かけなくなりましたが、それでも非合法でお金を貸し付けている業者もあります。
ヤミ金はその名の通り非合法の消費者金融。高金利で一度借りると抜けだせなくなるため絶対に借りないようにしましょう。

 

一番のおすすめは銀行系カードローンです。審査も通りやすく金利が低いこと、
またネットですぐに申し込みできることなどメリットがたくさんあります。

マンガで分かる!カードローン