社会人の方が実はお金が足りなくなる

若い時というのは時間がそれなりにあってもお金がないことが多いです。そして社会人になるとお金が十分にない状態で更に時間まで無くなってしまいます。
就職すれば毎月一定の額が入るわけだから、お金に困ることはないだろう。社会人になる前はそう考えていました。

 

しかし一人暮らしをすれば毎月家賃と光熱費が引き落とされますし、職場の人たちとの付き合いで飲み会にいったりとお金がとてもかかるのです。
お金がないので無理です、などと断ることなんてできるはずがありません。なので万が一の時に備えてキャッシングカードを作りました。

 

カードさえあればいつでも借入することができるので多少不安は軽減します。
給料日前のピンチの時、急に飲みに誘われてもカードのおかげでお金を引き出すことができますし。
飲み代で借入するのはせいぜい1、2万円程度なので利息もわずかなものです。そのあとにすぐ返済すれば負担にもなりません。

 

今までカードローンやキャッシングは否定派だったのですが、実際に利用してみるととても便利なものですよ。
否定していたのはクセになることで借金が増えてしまうという恐怖感からだったのですが、きちんと働いている社会人であれば借金が増えていくほど借入することなど滅多にありません。

マンガで分かる!カードローン