カードローンの金利がバラバラなのは何故か

カードローンの会社によって金利が違うのは知っていると思いますが、借りる額によっても金利は異なります。何故金利が変わってしまうのかについて説明します

 

これは貸し出す側が利益を欲しがっているからです。金利を一定にすると、少ない額を何度も借りた方が明らかに得です。これでは消費者金融は儲けを得ることができません
そのため金利を変動させて利益を得ているのです。高い金額には低金利を、少ない金額には限度スレスレの金利を適応することによって、一定の利益を上げることができるようになります

 

こうした理由から金利は広範囲に設定されるようになっています。借りる額に応じて金利が変動するので、わざとギリギリまで借りて金利を減らす方法を取ることもできます
金利が変更されるギリギリの数字までお金を借りて、一部だけ使ってすぐに返す方法です。こうすれば少しだけですが利息を減らすことができます
借りる額が少ないと金利の上限を適応されてしまいますが、わざとお金を増やしておくことによって、金利を下げて利息を減らすということができます。少しだけ余裕を持って借りれるので、急な出費にも対応できるメリットがあります

 

カードローンの金利は会社によって、また金額によって異なります。出来る限り低金利を狙うことが、賢く使うための第一歩です
最初から低金利で提供している業者は殆どいません。低金利にするには自分の知識が求められています

マンガで分かる!カードローン