カードローンを返済できなくなった話

カードローンはお金が足りなくなった時に非常に便利な存在となりますが、当時に使い方を間違えると危険な存在になることもあります。
私は今までよくカードローンを利用していました。銀行系カードローンは金利が低いということもあり、わりと頻繁にキャッシングしていたのです。

 

その用途はというと飲み会であったり急に何かを欲しくなった時に購入できるようにといった資金当てだったのですが、簡単にお金が引き出せるということもありいつの間にか間隔がマヒしていました。
最初は1万円や3万円だったのが、ついに10万円単位にまで及ぶようになってしまったのです。

 

数万円であれば数日後に返済することも可能ですが、いくら金利が低いとはいっても10万円は簡単に返済できる額ではありません。
そのため返済するぶんをカードローンで新たに借りると言う悪循環に陥ってしまったのです。

 

ここまで堕ちると人間は簡単には元に戻れません。私は職を失くす危機にまで陥りましたがなんとか立ち直り、今は完済することができました。

 

カードローンが簡単に利用できる世の中となりましたが、簡単だからこそ危険なものもあると身を持って実感したのです。
利用する際にはたとえ少額でも、返済計画を立てることが本当に重要だと思います。

マンガで分かる!カードローン